仕事体験談 清掃業

【ビル清掃】仕事内容は楽?きつい?20代女子のリアルな体験談

投稿日:2017年6月7日 更新日:

こんにちは、非正規女子です。

 

私は20代女子の若者では珍しいとの声が多い「ビル清掃」の仕事をしていたことがあります。

 

「清掃の仕事」といってもオフィスビル、イオンなどの商業施設、駅、施設、病院、ホテル、電車内、パチンコ店、飲食店、賃貸物件、個人宅などなど…

その場所はさまざまで仕事内容も異なってきます。

 

そこで、私が働いたことがある「ビル清掃」の仕事内容を紹介していきます。

 

スポンサーリンク

掃除機かけ・モップ拭き(床掃除)

床掃除はビル清掃の基本的な仕事になります。

 

社員が出社する前にフロアの床を掃除機かけしたりモップ拭きをします。

 

掃除機は業務用の掃除機だったり、よく清掃員の人が片手で「ウィーン」って使ってるハンディタイプの掃除機を使ってました。

 

また、ツルツルした床だとモップや雑巾拭きなどの拭き掃除もあります。

掃除機かけやモップかけは難しい作業ではないので基本的に誰でもできます

 

朝イチの掃除機かけはまだ体と頭が寝てる状態で動いているうちにだんだん体が起きてくる感じでした(笑)

 

拭き掃除(床・ドア・壁・テーブル・棚など)

上記の床拭きの他にドア、テーブルなどを拭く掃除です。

 

オフィスビルは拭き掃除はほぼ毎日の作業ですがドアノブとかぬめってて以外と汚かったです(笑)

 

ゴミ回収・タバコの吸い殻や生ゴミの処理

ゴミを回収して捨てるのも仕事の一つでした。

清掃員=汚いのイメージの大元ってこれじゃないでしょうかね。

 

やっぱゴミを扱う仕事は正直汚いって思います(笑)

 

回収したゴミを分別して捨てるだけなので難しいことはなく誰でもできます。

 

  • 鼻かんだティッシュ
  • カップラーメンのゴミ
  • 人が噛んだガム
  • 使用済み汗拭きシート
  • 中身がまだ入ってるコーヒー缶

などなどいろんなゴミが出るので「人が出したゴミなんて処理できない」という潔癖タイプは恐らくキツイでしょう。

 

自分のゴミはいいけど人が出したゴミって正直汚いですよね(笑)

 

私も潔癖気味で、人が使った鼻水ティッシュとか「汚ねえ!!」って思ってたんだけど最後の方はゴミ処理も慣れちゃってました(笑)

 

素手は嫌だったんでビニール手袋をすればOKでした。

 

また、喫煙ルームが設けられている場所があればタバコの吸い殻処理も行います。

 

タバコを吸う人は平気かもしれませんが、私はNO喫煙人間なので毎日タバコの煙が自分に入ってくる環境はけっこう嫌でしたね(笑)

マスク必須でした!

 

スポンサーリンク

トイレ掃除

キ、キターーー!!!!

一番嫌な仕事内容ーーっ!!

 

はい、トイレ掃除です。

いやあ、ゴミ回収なんて可愛く感じるくらいトイレ掃除嫌でした(笑)

 

元からきれいなトイレならちょっとは掃除する気にもなるんですが、元からボロくて汚いトイレの掃除は余計いろんなのがこびり付くんですよね。

 

うん●とか黄色い液体とかタンとか…

掃除の度にひどい汚れがないことを祈ってました(笑)

 

掃除方法は働き先で色々だと思うですが、私の場合はゴム手袋してスポンジで便器をゴシゴシ…

 

うわあ…便器に初めて手ェつっこんだ…

 

便器に初めて手を突っ込んだ記念日は今でも忘れません(笑)

 

女性トイレはまだ使い方もきれいだし同性だからまだいいけど男性トイレの方がちょっとしんどかったです(笑)

飛び散ってるし、なんか浮き上がってるし…

 

女子トイレも生理の血とかナプキンとか汚いんですけど、個人的には異性の男子トイレの方がしんどかったですね。

 

「清掃の仕事してみたいけどトイレ掃除は絶対無理!!」って方はトイレ掃除がない清掃の求人もたくさんあるので仕事内容を求人でしっかり確認してみましょう!

 

給湯室掃除(水回り・流し)

オフィスビルはよくOLさんが春雨スープをすすってるような給湯室があります(※イメージです)

 

社員の方が使用する給湯室は流し台から生ゴミが発生するのでその生ゴミ処理や流し台の掃除もします。

私は水回りの掃除は結構嫌好きでした。

 

その他の仕事内容

  • 草取り
  • 洗濯
  • ワックス塗り
  • ガラス拭き
  • ホコリ取り
  • 磨き掃除
  • 階段掃除
  • 天井掃除

など働く場所によってやる仕事内容は様々です。

 

清掃員は意外に重労働!体力が必要

そして清掃の仕事は重いものを運んだり力仕事だったり意外に体力が必要です。

 

腰や背中に来たり普段使わない筋肉を使うと筋肉痛になります(笑)

「足が結構疲れるな~」って思ってました。

やっぱりずっと立って作業してるので。

 

あとは、汚いものに触れる環境なので体調を崩しやすいけど仕事内容自体は毎日同じことをして覚えることも少なくラクでした。

 

私は潔癖気味で「人が使ったティッシュとかほんと無理やろ」って思ってたんですが、マスク、ゴム手袋、帰ったら速攻シャワー、手は何回も洗う、など対策をして作業してました(笑)

 

心を無にしてやってるとだんだん慣れてる自分がいました(笑)

 

ビル清掃は労働時間が短ければ(半日とか夜だけ朝だけとか)ラクですが、体力面は結構疲れるので「疲れたなーきついなー」と感じる面もあります。

 

でも20代は若いので体力面はそれほどじゃなければ大丈夫だとは思います。

 

トイレ掃除で超汚いとこに当たると体力面より精神面の方がきつく感じました(笑)

 

ビル清掃業は朝早い

清掃業は早朝、日中、深夜と働く時間帯はその場所により様々です。

 

私の場合はオフィスビル清掃だったのでそのビルで働いている社員が出勤する前から出勤して昼間には帰るという午前中勤務でした。

 

ビル清掃の仕事は朝早いので早起き習慣が必須になってきます。

 

私はほんと~に朝が弱くて前は7時~8時起きもやっとで休みの日は9時~10時起き生活だったので、清掃の仕事してる時は毎日5時起きの生活に変わって最初は慣れなくてしんどかったです。

 

冬は寒いしほんと行きたくなかったです(笑)

 

でも、それが習慣になってからは休みの日も6時ぐらいには目が覚める体質に変わりました。

 

日曜日でいうと前までワンピースの時間帯に起きてたのがシューイチが始まる前に目が覚めてしまうという変わりっぷり(笑)

 

まとめ 清掃の仕事はキツイけど場所や時間によってはラク!

以上、20代女性によるリアルな清掃の仕事の体験談でした!

 

清掃の仕事は基本的に体を動かす仕事なので疲れるけど場所や働く時間によっては楽です。

これはあたり外れでもありますね。

 

「清掃の仕事をやってみたいけどどんな仕事内容なんだろう?」と思ってる方の参考になればと思います。

 

★求人サイト「ワーキン」で清掃の仕事を探してみる↓

 

スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク

-仕事体験談, 清掃業

Copyright© 非正規女子副業物語 , 2018 All Rights Reserved.