仕事体験談 清掃業

清掃業は早朝のバイトにおすすめ!Wワークや朝稼ぎたい人へ

投稿日:2017年7月18日 更新日:

清掃の仕事は早朝の時間に働きたい人におすすめな仕事のひとつです。

 

私は清掃員の仕事(ビル清掃)をしてたことがあるのですが、朝から働いて昼前には帰るという生活はなかなかよかったです。

毎日同じ掃除をするだけでお給料がもらえるのは結構ラクでした。

 

  • 「朝何か短時間のバイトをしたい」
  • 「Wワークとして朝の時間に稼ぎたい」

という方は参考にしてみてください。

清掃の仕事はビル清掃の他に、

  • 飲食店
  • パチンコ店
  • ショッピングセンター
  • 病院

などさまざまあります。

関連掃除や家事に関する仕事の種類まとめ【女性の副業・本業】

 

勤務時間帯は早朝や深夜の時間帯の求人も多いので朝か夜の時間帯に働きたい人におすすめな職種でもあります。

 

 

中でも私が働いていたオフィスビルの清掃は早朝から昼間の時間帯だったので、そのビルの人が勤務する前から働き昼前には帰るというあまり人と関わらず無心で働ける環境でした。

 

なので、早朝や深夜などの清掃の仕事は人がいないところであまり人と話さず働きたいという人に向いています。

関連コミュ障・人見知り・無口でも出来るおすすめな仕事は清掃員

 

スポンサーリンク

早朝に働ける清掃の仕事は他の仕事との掛け持ちも可能

私が清掃の仕事をしていた時、主婦の方で

  • 日中は清掃の仕事→夜はレジのパート
  • 日中は清掃の仕事→夜は飲み屋

といった清掃の仕事の他にかけ持ちで別の仕事をしている人はわりといました。

 

また、学生だと朝に清掃の仕事をしてそのまま学校へ行くという早朝バイトとして働いている方もいました。

 

清掃の仕事は朝から夕方まで働く1日の勤務もありますが、早朝や深夜など極端な時間かつ短時間で働ける求人が多いので日中は、

  • 派遣社員
  • 契約社員
  • アルバイト
  • パート

などの非正規雇で働いている人で「朝か夜の短時間で何か簡単な仕事したい」という方によい働き先でもあります(正社員の人でも副業としてアリな仕事です)

 

そんな清掃業の仕事ですが、本業をしながらWワーク掛け持ちとして早朝に働く場合にメリット・デメリットが生じてきます。

 

早朝に清掃業で働くメリット

早朝の人がいないところで働けるので人目が気にならない・コミュ障でもOK

清掃業の早朝や深夜の時間帯はそのビルで勤務している人が出勤する前or帰宅した後に掃除をするので人がいない環境で働くことができます。

 

残業や早く出勤してきて完全に人がいない状態でもないかもしれませんが、ほぼ人がいない状態の場所を掃除機をかけたり床をモップ拭きしたり窓拭きしたりなどの仕事をもくもくとします。

 

朝だったら、早朝の職員が来ない時に仕事して職員が出勤してその人たちが仕事中に帰るといった感じです。

 

人がいない環境での仕事なので、人と顔をあわせることも少なく人目を気にしなくてもいいので人見知りやコミュ障の人には働きやすい環境かもしれませんね。

私はそれが最高でした(笑)

関連コミュ障・人見知り・無口でも出来るおすすめな仕事は清掃員

 

与えられた仕事を無心でこなしてればあっという間に終わってしまうのである意味ラクです。

 

覚えることが限られている・難しい作業は少ない

清掃の仕事は覚えることがさほど多くなく、割りと誰でもできて誰でも始められる仕事です。

 

機械を使った清掃内容もありますが、このような機械は危険を伴うことも考えられてわかりやすい作り(ボタンひとつで操作とか)にできていることが多いので機械操作は割と簡単です。

 

私も清掃の機械を触るのは最初は少し怖かったですが慣れれば大丈夫だし何より操作が簡単でした。

 

例えばコンビニの仕事はレジの使い方から商品情報など覚えることが多いですが、清掃の仕事は覚えることがだいたい決まっている&仕事内容も難しくないのでその辺でも副業として働く人は本業へ支障が出ない方かなとは思います(慣れるまでは大変だけど!)

 

清掃業のWワーク…デメリットは?

清掃の仕事は肉体労働なので疲れる!

清掃の仕事とフルタイム正社員残業アリとのかけもちは体力的にキツイと思うけど、派遣社員や契約社員、アルバイト、パートなどの非正規雇用で半日~1日働いて時間も体力もまだある!空き時間に稼ぎたい!って方にはよいと思います。

 

疲れて睡眠不足で遅刻などしてしまえば本業に支障が出て本末転倒なので、本業に支障が出ない程度でWワークするのがよいでしょうね。

 

「人が足りないから」と言って勤務時間を増やされる可能性も

これは清掃の仕事に限ったことではなく、掛け持ち労働をした時に有り得ることですね。

 

勤務時間が最初は早朝3時間の週2だったのが週5入って欲しいなど言われる可能性もあります。

清掃業に限らず人が足りない現場だとなありえることです。

 

「稼ぎたいから勤務日数が増えるのがOK!」な人はいいのですが、あくまでも本業がメインで「ちょっとの時間だけ働きたい!」という方は「自分は他に仕事(本業)をしていてあくまでも空き時間でできる仕事がしたい」ということを前もってしっかり伝えて「自分は人が足りなかろうがシフトは増やさないです、増やさないでくださいねアピール」をしておくとよいです(笑)

 

求人情報には、

  • 「掛け持ちOK」
  • 「Wワーク可」
  • 「副業OK」

など記載されているものも多いですが、面接の時などにその辺を前もって確認しておくと後々のトラブル回避につながります。

関連清掃業の志望動機や面接は?掃除が好きでOK?異業種から転職の場合

 

スポンサーリンク

まとめ 朝or夜の1~5時間ぐらいのWワークに清掃の仕事はオススメ

「清掃の仕事」という周囲の見下し&哀れみの目線を気にせず、朝か夜の時間帯に無心であまり人に見られずあまり人と関わらないような仕事で副業・Wワークしたいって人には清掃の仕事(オフィスビル)は割りとオススメです。

 

週フルで入ると体力的には疲れますが仕事内容が簡単なので考え事しながら作業とかもできちゃいます(笑)

スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク

-仕事体験談, 清掃業

Copyright© 非正規女子副業物語 , 2018 All Rights Reserved.