仕事体験談

【スーパーのバイト体験談】レジ・品出し・作業内容は割と楽だった!

投稿日:2017年1月16日 更新日:

私は学生時代スーパーのアルバイトをしていました。

スーパーと言っても全国展開してるような大きい店舗ではなく小さい八百屋さんみたいな感じのスーパーでした。

 

学生時代、奨学金を借りていてたのですが、貧乏なのに進学して親に金銭負担をかけてる思いから「他に金が必要だ!自立せねばと!」という思いから始めたのがきっかけでした。

 

 

スポンサーリンク

小さなスーパーで土日や夜にバイト

結構、学業が忙しかったんでバイトは場所で選びました。

最初はファミレスバイトに問い合わせたのですが学生はお断りだったんでNG。

 

求人の探し方がネットやハローワーク、ワーキンなどを利用したものではなく「張り紙で募集してるとこがよい」と思い(なぜか)最寄りの店を回っては張り紙でバイト募集してるとこないか探しました。

 

その後、近くの小さなスーパーの「求人募集」の張り紙を見かけて「これだ!」と思い即応募!即採用!(笑)

 

即採用のおかげですぐ私のバイト生活が始まりました。

 

基本、シフトは土日と平日の夜(学生業終わってから)に入ってました。

勤務はシフト制。

時給は750円くらい…(安…)

 

その時スーパーのバイトでやっていた仕事内容は以下のようなものでした。

 

1:品出し・バーコード貼り

シフトが朝イチの日は開店前に入るので、冷凍庫から野菜や日配商品などを出してきて指定場所に陳列します。

 

その時に野菜とか商品に貼るバーコードをレシートのようにだーっと出してひとつひとつ貼り付けながら品出しします。

 

ここでバーコドが商品にちゃんと張り付いてないと、客がレジに持ってきた時にどっかで剥がれてバーコードがない!価格が分からない!と価格を確認しにその売り場コーナーまで見に行って〜ということがしょっちゅう起こってたので、バーコード張りには注意が必要でした。

 

朝イチ以外のシフト時は商品がなくなったのを見かねて追加して陳列したりの単純作業でした。

 

大根やキャベツなど野菜は安くて人気だったのでしょっちゅう品切れで品出ししてましたね。

作業内容はすごく簡単で楽でした。

 

2:レジ業務

基本、このバイトのメインの仕事内容ははレジでした。

 

レジを触るのがこの時が人生で始めただったんで最初は緊張してしどろもどろ…手が震える…

 

現金以外の商品券とか金券類での会計が一番嫌でした。

券類は現金と押すボタンが違ってそこがなかなか覚えられず何度かミスしてたんで券類は苦手意識がありました(・・;)

お客さんが券類を財布からスッと出した時には「うわ、やめてくれよ〜」とレジスマイルで思ってましたw

 

夜の閉店までのシフト時は最後にレジを締めます。

 

金額が合わないこともあました(おそらくレジミス)

でも金額がぴったり合った時は地味に快感(笑)

 

レジ周りの操作を覚えるのに時間がかかりましたが、覚えてしまえば流れるように商品をスキャンしてピピピピ、ッターン!!と華麗に金額をはじき出せるようになった頃には楽しさを感じましたね(笑)

 

お札の数え方も最初は不慣れでバラァっ!!と渡してしまうこともありましたがこれも慣れてくればキレイに数えられるようになります。

 

またレジはずっと立ちっぱなしなので調子悪い時とかは「座りて~」と腰がしんどかったです。

 

そして、レジ関係で一番覚えてるのは最後のレジのお金を金庫に入れに行く時に入れてはいけない金額が書かれた紙までバッグに入れて内部の金庫に入れてしまったことがあり、その時は店長にめっちゃ怒られました(いつも優しいから怖かったw)

 

でも普段は優しく白髪交じりの髪が似合うワイルドイケメンな店長でした(笑)

 

スポンサーリンク

3:内部で野菜の処理

パート・バイトの中にはレジ担当の人が決まってたので、その人たちとシフトが一緒の時は基本レジはやらずに内部で野菜の処理をしていました。

 

自分はオールマイティになんでもやる感じでしたね。

時給一緒なのにその違いは何なんだろなとは思ってたけども(笑)

 

内部と言っても店内の片隅の客からも見える場所で、レジで接客しない分、超〜楽なのと黙々と作業が出来るのでこの内部で野菜を処理する作業が一番好きでした。

 

流れ作業だけど無心になれるので結構楽しかったです。

 

  • キャベツは外側1、2枚ベリベリ剥がして産地のテープをぐるーっと巻く。
  • 大根は上の葉部分を包丁でキレイに整えて1/2個の時はそのまま半分に切って産地シールをグルーっと貼る。
  • ほうれん草は出荷先からダンボールに緑いっぱいごそって入ってきた時は分量分を計って取りわけビニールに入れて口止めをする。
  • ごぼうも上下を包丁で切って端を整えて分量分を袋に入れる。

 

などなど主に野菜をキレイに整えて分量分包装し店頭に並べるという作業でした。

 

こん時に嫌だったのがよくキャベツに芋虫が付いてたことです!

特に夏はもっこり元気な青虫が!!キャベツの中に!キエエー!

 

自分で料理するとき思い出してキャベツ食いたくねえってなりましたね一時期(笑)

 

あとは野菜類で売れ残ったのもは値下げ対象なので、一回開封して悪くなってきた部分を取り除きまたキレイな袋に入れ替えて20%引などの値引きシールを出して陳列、という作業もありました(これ以上は売り物にならないのは処分またはもらえるって感じ)

 

嬉しかったこと・食品がもらえる

この売れ残り野菜とか表に出せない訳あり野菜・果物類や賞味期限が間近or切れた乳製品や日配など商品をもらえることがあったのでそれは嬉しかったですね〜

 

一番プリンもらえたのが嬉しかったです(笑)

 

以上、私が学生の頃地味にバイトしてたスーパーの仕事内容でした。

スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク

-仕事体験談

Copyright© 非正規女子副業物語 , 2018 All Rights Reserved.