仕事体験談 退職・転職

【悩める】退職挨拶で上司に配るお菓子事情!人数や金額など私の体験談

投稿日:2017年8月22日 更新日:

勤めている会社を退職し去るとき挨拶にお菓子を配るということは社会人としてよくあることですよね。

正直めんどくさいしやりたくないですよね(笑)

 

その退職のお菓子って「何がいいんだろう?」と地味に悩む人も多いのではないでしょうか?

 

私も退職を何度か経験しましたが、退職の挨拶やお菓子など去り際のあの一連の行動をしなきゃない時は「ヤダなー」と悩んでいました(笑)

 

そんな私が過去に20代正社員として数年勤め円満退社した会社で「何がいいんだろう」と自分なりに悩んで選んだお菓子選び物語を振り返ってみます。

スポンサーリンク

職場の年代によって地味に悩んだ菓子折り選び

退職当時の職場環境

  • 本社勤務(支社あり)
  • 職場人数:50人くらい
  • 部署は5~6つ(在職中に自分が特に関わったのは3つ)
  • 男女比8:2くらい
  • 正社員
  • 辞めるのはその時自分だけ(季節は夏)
  • 完全社内での仕事(お世話になった取引先相手とか自分はなし)

 

当時の職場は40-50代男性上司が多い職場でした。

まあ…おじさんが多かった職場ってことです(笑)

 

菓子折り選びで何が悩んだかっていうと、ひとそれぞれ好みや嫌いなのあるだろうし50代の方向けはなにがいいんだろう…という点。

 

駅内で売られているお菓子から探した

最初はネット(楽天)で買おうかと思ったんですが日にちが間に合わなかったのもあってお店で購入しました。

 

日にちに余裕あったらネットで買ってましたね。

だって田舎のお店よりいろんなお菓子あるんだもん(笑)

 

当時、退職の数日前に友達の結婚式が県外であったので「せっかく県外いくしついでに退職のお菓子買ってしまおう!」と結婚式の帰りに駅内の店で購入しました。

 

日持ち重視!どら焼きなどの生モノはさけた

駅のお店をうろうろ。

 

「50代が多いから洋菓子より和菓子の方がいいのかな~」という20代女子なりの目線で選び始めました。

  • 生豆菓子
  • きんつば
  • どら焼き
  • まんじゅう

などのナマ物系洋菓子は賞味期限が短かったのと夏だったのもあって避けました。

栗がのってるどら焼きめっちゃ美味そうだった~w!(自分が食べたかった)

 

あと金魚が泳いでる風の清涼感あふれる小洒落た小さいゼリーとかもあって夏だしこれもいいかなーって思ったんですが、スプーンとか食べるのも保存もめんどくさそうwって思ってやめました(自分が食べたかった)

 

あとチョコ系もさけました。

夏だしとけるし甘いの食べないって人いたのでその辺を真面目に気にして。

 

無難?に、

  • クッキー
  • マドレーム
  • せんべい

あたりにしよう!と思って探してたんですけどなかなか欲しい人数分がない…

 

しばらく探してやっと見つけた!もうこれにしよう!

と決めたのがラスクとせんべいセットでした。

 

ちなみに過去に退職した人はクッキー、バウムクーヘンなど洋菓子を配っていました。

やはりクッキーは王道で無難ですよね。

 

【その他用】箱で30枚入りくらいのラスクを購入

自分の部署以外に配る人数は30人くらいいたので、その方たち用には箱菓子のもので個包装されてて一人一人に1こづつ配れるのがいいなと思い30枚くらい入ってたラスクを購入。

金額は約3,000円。

 

その他用に配るお菓子は30枚という数で選んだんですが、探してた駅内のお店にはなかなかこのぐらいの量でなるべく安い予算内のお菓子ってのがなくてあったのがこれだったって感じで決めました(笑)

 

ラスクだし甘さ控えめ?無難でいいでしょう!という感じで購入。

 

スポンサーリンク

【部署用】お世話になった上司たちには別で1個500円のせんべいセットを10人分購入

自分が所属してた部署のメンバーにはかなりお世話になったので、他の方用ととは別に「個別で買いたい」と思い、最初から包装紙とリボンでラッピングされているおせんべいの5枚入セットみたいなのにしました。

 

たしか中には「ありがとう」のメッセージ入りで感謝用のギフトみたいな感じのものでした。

 

個別で買うなら1個あたり~500円以内って考えていて、最初は300円くらいの生菓子のつめあわせみたいなのがあったのですが、夏場だったのもあって日持ちするのがいいなと思ったところにこのせんべいセットが目に入ってきたので速攻で購入。

 

1個500円を10人分買ったので計5,000円。

 

「あれ、意外に金かかってるぞww」

そう思いながら購入しましたね(笑)

 

私が10個も買ったんでその後、店頭からそのお菓子が消えてました(笑)

「紙袋ください」とは言わなかったんですが(考えてなかった)、買ったらお店のお姉さんが個数用の小さい紙袋をつけてくれましたね(配る時に使ったのであって良かったです)

 

配る人数と金額はどのくらい?

私がこの退職挨拶で配った人数は合計30~40人くらいでした。

  • 部署用:約5,000円(せんべい)
  • その他用:約3,000円(ラスク)
  • 合計:約8,000円

 

1万円近いお金を退職用のお菓子にかけてしまいました(笑)

 

予算は人数的に5,000円くらいには…と思ってたんですが、予算額で理想のお菓子が必ずあるわけではなかったので多少オーバーしたっていう感じでしたね。

 

今思えば真面目に選んでたな〜適当に買えばよかったのにww

 

箱のお菓子1個2,000~3,000円くらいのが多いと思うので、それで人数分たりればそのぐらいの予算でよいのではないでしょうかね。

 

まとめ:「お世話になった」という気持ちがあったから選ぶのも悩んだしちょっとお金もかかった

私はこの職場で「お世話になった」という気持ちがわりと強くありました。

 

別にお金があったわけではないし安月給だったけど、菓子折りに1万近くかかっても後悔とかなかったです。

 

正直、退職のお菓子なんてなんでもいいと思うんですが、感謝の気持ちがあったからこそお菓子選びに悩んだのかもしれません。

 

一番お世話になった上司が喉がよくなかったようなので、ギフト用ののど飴も探そうかなと思ったんですがいろいろ忙しくて時間なかったし「そこまではいいかな」と思いその辺はやめました。

 

店頭で大量のお菓子を買うと持ち帰るのが重い面がネックなのでネットで選んで購入するのも手です。

帰りお菓子持つの結構重かったです…(笑)

 

以上、私がとある職場を去るときの退職お菓子事情でした!

スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク

-仕事体験談, 退職・転職

Copyright© 非正規女子副業物語 , 2018 All Rights Reserved.