うつ病 仕事体験談

【新卒うつ退職】後悔…22歳女、辞めた会社へ出戻り希望し頭を下げるが断られる

投稿日:2017年7月13日 更新日:

新卒で入社した会社を軽うつで退職した私は、少し休んだあと再就職活動をして新しい仕事に就き始めたのですが、前回の話「【新卒うつ退職】再就職失敗…2連続で短期退職!バイトすら出来なくて働くことが怖くなる  」では、2回連続1週間以内に辞めるという短期バックレを繰り広げて再び無職になりました。

 

もう働くのが完全に怖くなった私がこの時強く思ったのは「前の会社に戻りたい」でした。

スポンサーリンク

働くのが怖くなり完全に自信喪失。仕事ができない、続かない。

2回連続で1週間以内に仕事を辞めてしまったことから働くのが怖くなり「仕事ができない」と完全に思い込んで自分を苦しめていました。

 

  • 「2度あることは3度目もあるんじゃないか…」
  • 「私は仕事が続かない人間
  • 「働ける自信がない…」

 

ネガティブなことばかりで頭がいっぱいになり「ま、次の仕事が続けばいいかー♪」と前向きになることができず、再就職で失敗したこの時の私にある強い感情が芽生えてきました。

 

それは、前の会社への未練です…

  • 「前の会社に戻りたい」
  • 「前の会社の仕事ならできる」
  • 「働けるのはそこしかない」

 

辞めたくなかった会社を軽うつと診断されたことがきっかけで辞めざるおえない状況になって退職した私にはずっと前の会社への後悔と強い未練がありました。

 

その気持ちがこの連続短期退職を引き金に感情が爆発した感じになって私を突き動かすことになります。

 

2回連続短期で仕事を辞めた私は「後がない」と勝手に追い込まれてました。

 

「前の会社に『もう一度働かせてください』と頭を下げに行こう」

 

この思いが強くなり前の会社に「戻りたい」という旨を伝える決意をしました。

 

襲いくる強い後悔…「前の会社でもう一度働きたい」

辞めた会社に戻りたい気持ちがMAXに高ぶり行動に出始めます。

 

この時「前の会社なら普通に働ける、働けるのはそこしかない」と思ってました。

 

思っていたというか思い込んでいました。

だから本当は「前の会社で働きたい」じゃなかったんです。

 

連続で再就職に失敗した=働いたことがある職種や場所じゃないと仕事ができない=「前の会社なら働ける」

こんな感じの思考でした。

 

自分でもそれに薄々気づいていたけど「とにかく働かなきゃ」という一心で必死で突っ走ってました。

 

追い込まれた感情がままに動こうとしてました。

 

なぜこの考えが出てきたかというと、辞める時に「元気になったらいつか戻ってきたっていいんだから」って言ってくれた上司がいました。

 

多分、いや、戻ることがないだろうと思ってかけた言葉でしょうね。

表面上の励ましの言葉というか(笑)

 

その言葉を思い出し真に受けてた私は戻ろうとしてました(まだちゃんと元気になってなかったけど)

 

自分では

  • 「人手が足りないからいいよ」
  • 「元気になったならいいよ」

という反応をどこか期待していました。

 

あわよくば受け入れてもらえるんじゃないか、とどこか期待してましたね。

もう後がないと思ってたんでそう思いたかったんです。

 

まあ、これは甘い考えでした。

 

当時、付き合ってた彼に「戻るなんて恥だ」と言われました。

「普通、そんなことするのは恥ずかしい」って言われました(笑)

 

「それに戻れたとしてもその分長く働く覚悟が必要じゃない?一回辞めてお願いして戻るんだからそれ相応の覚悟は必要」

とも言われました。

 

うっ!

正論だと思いました(ーー;)

 

「辞めた会社に出戻りというのは恥を承知」

とは思ってたんですが、精神的に不安定だったこのころの自分には恥とか周りの目とかそんなことどうでもよくなってました。

余裕がなかったです。

 

今思えばカッとなって辞めた会社へ自ら「戻りたいです」は恥ずかしい行為だし「なんなんだ一体!?」と思われるような行動だと思うんですが当時は恥もプライドもクソもなく必死でした。

 

自分のことしか考えられずに「自分が仕事を見つけること」しか見えてなかったです、今思えば。

 

自分のことでいっぱいいっぱいだったんです。

だから冷静で客観的な彼の言葉に少しもやもやしました。

 

でも「ダメだったらこの会社を受けよう」と思っていた次の会社もあったので、ダメ元で当たって砕ける覚悟で出戻り希望を伝えてみることにします。

 

出戻りを申し出るため電話で連絡する

そして、気持ちを固め行動へ。

 

まず、会社に電話をしました。

コール音、すごい緊張でした。

 

「お忙しいところ申し訳有りません〜〜◯◯と申しますが〜〜お話ししたいことがあるので〜〜お時間を頂けることはできないでしょうか?」

 

当時22歳なりに言葉を選んで緊張しながら電話をしました。

 

電話の向こうからは久々の上司の声。

少し、低い。怖い。

もう上司じゃない。まるで他人。

 

(きっと急にこんな電話きて困ってるだろう…)

そう思いながら電話で話すと時間をとっていただけることに。

 

「〇〇時なら大丈夫ですよ」と。

アポ取り成功。ホッ。

 

その日の午前中に電話してその日の午後〜夕方あたりに時間を設けてもらいました。

今思えば当日にいきなり迷惑w

 

そして辞めたくなかった会社へ再び足を運びます

顔は緊張で強張る。

 

スポンサーリンク

出戻り希望するが「あなたが辛いと思う」と断られる

スーツで行きました。

緊張した面持ちで会社へ正面の入り口から入ります。

 

久しぶりの職場の人たちがいました。

私への対応は「初めての客、他人」のような対応でした。

 

何も知らないと思われる社員は「あれっ、何しに来たんだろう?」というきょとんとびっくりしたような眼差し。

 

少しそっけなさに寂しさを感じたが上司がやってきてテーブルに座り、お茶を出されて、話に入りました。

 

言葉を選びながら自分の思いを伝えました。

 

「自分から辞めると言って退職したのにも関わらず勝手なのは分かっていますが、もう一度ここで働きたいです。もし人手が足りないのであればもう一度働かせていただくことはできないでしょうか…今は元気になってきたので体調面はもう大丈夫です」

と。

 

本当はまだ精神不安定だったしまだ通院してたし完全に大丈夫じゃなかったです(笑)

 

必死に言葉を出して伝えました。

 

が、

 

  • 「今、もう他の人を採用して人手も足りてる」
  • 「厳しいが一度辞めた会社は戻れない」
  • 「もしまたここで働いたとしてもあなたに「うつ」という印象が付いたことで周りは気を使うだろうしあなたが一番辛いと思う」

 

など、厳しい言葉を言われ断られたがハッキリ言われて「そらそうだよな」と一気に冷静になりました。

 

確かに私はここで働きたいんじゃなくて、仕事が続かずピンチに追いやられたからキレて文句を言って辞めたけど手のひらを返すようにこの会社を再就職先として利用しようとしてたと我に返ります。

 

自分の考えが甘かった。

 

自分が前いた席に新しい人がいたのがチラッと見えて「もう自分の居場所はないんだな」と寂しくなりました。

 

「わかりました、ありがとうございました。お忙しいところ申し訳ございませんでした」

 

と後にし、その会社へ今後二度と行くことはありませんでした。

 

出戻りを断られて諦めがつく!次の仕事に応募する

今まで、ずっと辞めたくなかったのに急に辞めなきゃなくなったことに対して出戻りを求めた会社に後悔ばっかして忘れられなかったんですがこの出戻り希望を断られた件できれいに踏ん切りがつきました。

 

「そういえば元気になったらもどってきてもいいんだから、とか言ってたくせに。あんな家族経営で就業規則もないような会社辞めて正解だ!!!」

 

だんだん怒りが湧いてきましたね(笑)

 

でも、この件できっぱり踏ん切りがついて前の会社に抱いていた後悔の呪縛から解放された気がして少し気持ちが楽になりました。

 

「もうあそこは二度とないな」と。

 

今では「あの時出戻りしてまた働くことにならなくてよかった」と心から思います(´∀`; )

関連 【出戻り社員】新卒で辞めた会社に出戻りしなくてよかった理由

 

「出戻りしたい」というのを伝えたことを今振り返ってみて我ながら行動力がある方だと思いました(笑)

 

焦り、不安、恐怖が起爆剤となり後先考えず自分のことしか見えてない状態でした。

 

もともと思い立ったらすぐ行動したいタイプなのでそれが暴走した感じでしたね…

 

今では「プライドもなく恥ずかしい行動したな、でも若いから出来たのかな」と思います。

 

そして前の会社へは踏ん切りがついたので最後に応募しようとしてた求人へ迷いなく応募します。

 

うつ退職から4社目の応募…もうこれで最後にしたい

そこの会社は出戻りを希望した前の会社と全く同じ職種の会社でした。

正社員フルタイムの求人です。

 

  • 「もう後がない…採用されますように」
  • 「ここに決まったら次は絶対辞めない」
  • 「職種が同じだから大丈夫、覚えられる、きっと大丈夫」
  • 「とりあえず、採用されますように…」

 

気力を込めて一文字一文字、履歴書を書きました。

  • 職探しももう疲れた。
  • はやく落ち着きたい。
  • 早く安心したい。

 

「ここがダメだったらそうそう同じ業種の求人はない…もう終わりだ」

 

そう思って自分の中で「最後の再就職活動」として挑んだ面接。

 

面接担当した男の上司がちょっと怖くて会社の第一印象がちょっと良くないものを感じました(ただネガティブだったからそう捉えてしまったのかもしれない)それが少し気になりましたが…

 

結果は採用!!!!!

 

やった!!

ホッと一安心。泣けた。

 

無事、採用をもらいましたが、働き始める日まで1ヶ月くらい時間がありました。

 

その間、私は面接で感じた会社の雰囲気が気になって「本当にあそこで働く?」と迷い始めました。

 

もう落ち着きたい思いと会社から感じた雰囲気からの恐怖心と葛藤して仕事初日の日まで悩み「仕事ができるのか?」「ちゃんと働けるのか?」と恐怖心と不安で震える1ヶ月間を過ごしました。

 

本当にこの1ヶ月間は怖かったです。

 

そして、次の話ではかなり緊張しながらいよいよ新しい職場で働き始めます。

次の話(10)>>【新卒うつ退職】7ヶ月苦しみ社会復帰成功!再就職で逃げ癖を克服し正社員で3年働く

 

★軽うつ病で仕事を辞めてから再就職するまでの話を最初から読む(まとめ)

→ 軽うつ病で新卒退職したが克服!無職から再就職に成功し社会復帰した体験談

スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク

-うつ病, 仕事体験談

Copyright© 非正規女子副業物語 , 2018 All Rights Reserved.