仕事体験談

仕事続かないし自信が無い…職歴コンプレックスに悩んだ20代前半

投稿日:2017年6月22日 更新日:

非正規女子です。

 

20代前半の頃、私は職歴が短いことが悩みでコンプレックスでした。

 

職歴が短い=イケナイ、情けない

 

みたいなイメージだったんで周囲の友達と自分を比べて落ち込むことが多かったです。

スポンサーリンク

新卒入社の会社を1年半で退職した

大学卒業後、新卒でとある会社に勤めてたんですが軽いうつ病により1年半で退職しました。

関連【新卒うつ退職】クビ?退職勧奨から辞めたくなかった会社を退職するまで

3年ぐらいは働く気満々だったので、予期せぬ形での退職にショックとダメージがデカかったです。

 

同じく大学を卒業した同級生や友達が辞めることなく最初に入った会社で働いてる姿を見て自分と比較して「1年ちょっとで辞めた自分情けない」と落ち込みました。

 

私の職歴は1年半と大学の同級生と比べて短い方だったので、レールから外れた脱落者みたいな気持ちで負い目を感じてました。

 

他にも地元の高卒の友達や先輩など同世代の人と職歴を比べては悩む日々。

 

公務員、事務職、保育士、製造業、接客業…

いろんな仕事をしている友達と比べてばかりでした。

 

『とりあえず3年』の3年すら働いたことがなかったので3年以上働いている身近な同世代に劣等感を感じてました。

 

その後バイトを始めるが働くのが怖くてバックレる…

新卒で入った会社を予期せぬ形で退職したので「とりあえずなにか仕事しなきゃ!」と辞めた会社と同じ職種で職探しをするのですが、何の運命でしょうか、なかなか決まりませんでした。

 

連続で決まらなかったので「自分はダメな人間なんだ」となおさら落ち込み自信を無くしてました。

 

「辞めた会社の職種以外に自分には出来る仕事がない…」

という強い思い込みから自分を締めていました。

 

そもそもその職種の求人がほぼなかったので「どうしよう…仕事ない…」と焦りました(職を選ばなきゃ求人はいっぱいあったけど、自分の中では「できないと思ってる仕事」ばかりでした)

 

正社員ばっか探してたけど雇用形態・職種の幅を広げて「パート、バイトでもいいから何か仕事しなければ!」と職探しを再開します。

 

そして採用されたのがスーパーのパート。

しかし数日レジを触っただけで「レジ業務が難しい、自分にはできない」と感じてしまい3、4日で辞めてしましました。

関連【新卒うつ退職】再就職は不採用…めげずにスーパーのパートで働くが1週間で辞める

 

怖気付いて辞めてしまった自分を「なんで出来ないんだろう」と責めては落ち込み、たった1回の失敗で働くのが怖くなっていました。

 

その後「働くのが怖い」という気持ちを持ちながらもどうにか自分を奮い立たせてまた次の仕事を見つけて採用されました。

 

事務系のバイトでした。

しかも結婚して退職する30代女性の後釜ポジション。

 

今度は頑張って辞めない!と自分に言い聞かせ仕事を必死に覚えようとしましたが、また「この仕事は難しい、自分にはできない」と感じてしまって1週間で辞めてしましました。

 

仕事内容が「自分にはできない」と難しく感じたのもそうですが、結婚するから辞める女性の後釜っていうのが重圧でなおさら「できない」と思い込んでしまったんです。

関連【新卒うつ退職】再就職失敗…2連続で短期退職!バイトすら出来なくて働くことが怖くなる

 

周りの友達と比較して悩み泣く日々

この連続短期バックレを繰り広げ仕事先の人にも迷惑をかけたことで完全に働くのが怖いと思い引きこもりになり体が震えたり痩けたり貧弱メンヘラ女子になってました…

 

「周りの友達は仕事が続いてるのになんで自分は仕事が続かないんだろう、なんでこんなにダメなんだろう」

 

と泣いてばかり。

 

自分で言うのもあれですが

  • 完璧主義
  • バカ真面目

な性格が物事を難しく考えてしまい「次どうにかなるさ♪」気楽に考えることができない状態でした。

 

今思えば世の中にはもっと短期で仕事を辞めてる人なんていーっぱいいるし、仕事が続かない人もいーっぱいいるのに狭い友達・同世代と比較して悩んで視野が狭いだけでした。

 

しかし、当時の20代前半の私にとって短い職歴しかない&連続でバックレたという出来事はコンプレックスだったんです。

バカ真面目だったなって思います(笑)

 

スポンサーリンク

その後、正社員として再就職!気づけば3年働く

その後、働くのがすさまじく怖かったのですがなんとか再就職し一日一日を乗り越えやっと定着して働けるようになりました。

 

そして気づけばかつての自分が「高いハードル」に感じていた「とりあえず3年」の日々を働いていました。

関連【新卒うつ退職】7ヶ月苦しみ社会復帰成功!再就職で逃げ癖を克服し正社員で3年働く

 

3年働いてた頃には副業を始めてた時期でもありました。

 

フリーランスに興味を持つようになり、副業を始めていろいろな働き方があることを知るようになります。

 

副業を始めたことは私にとって今まで狭かった「働き方・仕事」の視野が広くなったきっかけでした。

関連副業は収入の他に「自信」と「余裕」をもたらす!自力で稼げるってスゴイ感激なこと

 

まとめ 視野が広がったら職歴で悩んでいたのがどうでもよくなった

  • 3年働けたことによる「自分でもできるんだ」
  • 副業を始めたこと

これにより視野が広がって今まで悩んでいた職歴コンプレックスがどうでもよくなりました。

 

どうでもよくなったというか「かわいい悩みだったな」と思えるようになってました。

 

20代前半は視野が狭くて狭い範囲の友達と比較して悩んでいたけど、大学卒業の出口は一緒でもそもそもたどる人生が違ってくるのでみんな職歴が同じなわけがないのです。

長さ、短さ、務めた会社の数も違ってきます。

 

みんな同じ職歴をたどるなんてまず有りえないのでそもそも比較して悩むことすら時間がもったいないのです。

 

  • 住んでいる場所
  • 働き方
  • 生活
  • 歩む人生

人それぞれ違うので職歴は違ってきて当たり前なんだということに気づいた時は「周囲と比較して悩んでいることが時間の無駄だな」と思うようになりました。

 

その悩んでる分の時間を副業に充てるようになってから「自分は自分の生き方がある」と思えて周囲の職歴と比較しても落ち込むことはなくなりました。

 

あの頃は職歴コンプレックスで悩んで辛くて必死でした。

 

真面目な人ほど私のように悩んでしまうのではないでしょうか。

 

でも私は今では当時のことを「そういう時期もあったな~」と穏やかな表情で思えてるので(笑)今悩んでいても考え方が変わればいつか数年後には「そんな時もあったな」と思えるようになると思います(^o^)/

 

スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク

-仕事体験談

Copyright© 非正規女子副業物語 , 2018 All Rights Reserved.